健診システム導入までの流れをご紹介

お問合せ~ご契約

tep1 お問合せ

弊社製品にご関心いただけましたら、お気軽にお問合せ下さい。
フリーダイヤルまたはWebのお問合せフォーマットよりお問合せ下さい。
各種製品のカタログはWebからもダウンロードいただけます。

arrow

tep2 ご説明 / ヒアリング

営業担当者が弊社の健診システムのパッケージ機能についてご説明します。
お客様の施設の現在の運用状況やご要望等のヒアリングを行います。

arrow

tep3 御見積提出 / ご提案

ヒアリングの内容を基に最適の健診システムをご提案します。

arrow

tep4 ご契約

ご提案内容をご承諾頂きご契約となります。

ご契約~納品

step1 ヒアリング / 要件定義 / 開発 / 構築

ご提案内容を基に詳細なヒアリングを行います。
個別のご要望(パッケージ機能以外)がある場合は、カスタマイズにて対応します。
その都度、内容を確認していただき、双方の認識にずれが発生しないようにします。

arrow

step2 データ移行 / テスト

本番環境を想定した運用テストを行います。
過去データがある場合はデータ移行を行います。

arrow

step3 並行稼働

並行稼働を行っていただきます。

arrow

step4 本稼働 / 納品

正常な運用を確認後、納品となります。
安定稼働まで専門スタッフが責任を持って対応します。

arrow

step5 運用 / 保守

改めて保守サポート内容をご確認いただき、契約を結んでいただきます。

※メタボシリーズ(メタボDC、メタボEditor、メタボFC)につきましては上記の流れと異なります。

健診システムに関するよくあるご質問を見る